暴落しても大丈夫な件【株価暴落がリターンを底上げする】

能登(高校生Ver.)
暴落だー!!!!
能登
ん?いきなりどうした?w
能登(高校生Ver.)
コロナで世界的に暴落する!
やばい!やばい!売らなきゃやばい!
能登
待て待てw一旦落ち着こうw
大丈夫だからw
能登(高校生Ver.)
え?大丈夫なの?
能登
今日は暴落について僕の考えをお話しするね!

 

 

 

スポンサーリンク

暴落しても大丈夫な件

能登
そもそもなんで暴落したらやばいと思ったの?
能登(高校生Ver.)
だって、大損するし
資産が半分以下になっちゃうよ!
能登
確かにその危険もあるね。
でも資産が半分になったらダメなの?
能登(高校生Ver.)
え?当たり前じゃん!
お金が無くなっちゃう!
能登
一時的にね。
でもそれから一生上がらないと思う?
能登(高校生Ver.)
うーん。
いつかは上がると思う。
能登
だよね。だから投資してるんだもんね!
で、そのお金はすぐに使う必要あるの?
能登(高校生Ver.)
使わないよ!
だって生活防衛資金はちゃんと残してるし
毎月お給料だってあるから。
投資してるお金はそもそも使う予定のないお金だもん。
能登
だよね!分かってるねー。
じゃあ最後の質問ね。
今下落して何か問題ある?
能登(高校生Ver.)
え?、、うーん。
無いかも、、?
うん。てか、問題無いな!
能登
はい!これで暴落の恐怖終了ー!

 

スポンサーリンク

むしろ暴落した方が良い

能登
とりあえず暴落しても大丈夫な事は分かったと思うから
次は逆に暴落した方が良いという事実を紹介するね!
能登(高校生Ver.)
え?暴落した方が良いの?!
能登
実はそうなんだ。
ただこれは投資方法や目的によるけど、
大抵の投資家にとってはチャンスなんだよ!
能登(高校生Ver.)
暴落がチャンスとは?!
どういう事ー!
能登
先に暴落の定義をおさらいしよう!

 

株価大暴落(かぶかだいぼうらく)は株式市場全体で株価が突如急激に低下すること。 暴落は経済要因に加えパニックにより加速される。また投機的株価バブルに続いて発生することが多い。

株価大暴落はある市場参加者の売りからポジティブフィードバックがはじまり、より多くの市場参加者の売りを加速するという群集心理に、外部経済事象が重なった社会現象である。

引用:Wikipedia

 

能登
簡単に言うと経済的な要因に人間の心理的行動が重なって発生するんだよね。
つまり、経済的に考えると株価が異常に安くなってる状態なんだ!
能登(高校生Ver.)
安い?!それも異常に?
お店とかの安売りセールって事?
能登
そうなのよ!
それもお店の安売りとは違って人間の心理も合わさって下がってるから
異常に安い状態。
もっと言えば人間の心理で下がっているからその分は経済的には問題が無い。
つまり元に戻る可能性が極めて高い。
能登(高校生Ver.)
おおー!!
て事は暴落したら毎日激安セールで株券が買えるって事じゃん!
僕達は毎日投資信託に投資してるから毎日お得にお買い物が出来てる!
能登
そうだよ!
暴落したらお得な毎日が待ってるんだ!
そうなると暴落の日々も楽しいし、
むしろずっと続いて欲しい気持ちすら芽生えてくるよね。
能登(高校生Ver.)
うん!
てか早く暴落来て欲しい!w
そしてしばらく続いてー!

因みにジェレミー・シーゲル著「株式投資の未来」では、

投資期間中に世界的暴落があった時の方がトータルリターンが良かった事実も書かれています。

詳しくは下記記事で書かれていますので気になった方はぜひ!(引用元:YUTAの米国株投資ブログ)

YUTAの米国株投資ブログ

不況は株資産の額を大きく減らすため、一般的に投資家に恐れられています。しかし、配当再投資を行う長期投資家にとっては不況こ…

 

スポンサーリンク

YouTubeもやってます

 

終わりに

もし暴落が来て毎日資産が目減りすると、

やはりどうしても辛い部分もあると思います。

しかし我々長期投資家は資産の目減りよりも激安で株が買える喜びを感じるべきです。

そうして楽しくビジネスに励み、稼いだお金で激安株券を買う日々を過ごしましょう!

もちろん未来は誰にもわかりませんがもし一生株価が上がらない世界だったら

そもそも投資していなくても投資していてもどっちにしろ最悪な世界になっているはずです。

そしてそんな世界はあり得ないと私は考えています。

以上!参考になれば幸いです。

 

能登
これからも勉強して人生上げていきましょう!🙆‍♂️🙆‍♀️
能登(高校生Ver.)

上げましょー!
この記事が良かったと思ったら、
下記バナーをクリックして応援して貰えるとブログ継続の励みになります!

 

↓↓さあ!ポチッと押して応援!↓↓

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ

↓この記事が良いと思ったら押して応援してね♪

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!