YouTubeでアンチ行為にあった場合の対処法総まとめ!(低評価、アンチコメント)

能登
こんにちは!能登(notosi44)です!
現在アンチ行為に悩んでる方、気持ちは痛い程分かります。辛いですよね、、
でも大丈夫です!とりあえず一回この記事を読んでみて下さい!

 

YouTuberとして活動しているとどうしても動画についてしまう低評価アンチコメント

これって実際やられるとかなり精神的にキツいものがあると思います。

私も実際にやられた事があり、かなり悩んだりしました。

しかし、今はこういったアンチ行為にあっても動揺しなくなりました。

今回はその方法と知っておきたいアンチについての知識を紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

私がアンチ行為を克服した方法

能登
アンチ行為ってやられた人にしか分からない程
むちゃくちゃ辛いですよね、、

 

まずは私がアンチ行為されても大丈夫になった方法を書き出します。

  1. アンチにブチ切れてみた。(お勧めはしません。正直やらない方がいい笑)
  2. 一回本気で落ち込んでしばらく時間を置いた。
  3. アンチについて調べてみた。
  4. 他YouTuberの低評価について語ってる動画を何本も見た。
  5. 無茶なスケジュールでの活動を辞めた。
  6. アンチコメントは即ブロック。
  7. 動画の評価数は非表示にした。
  8. 動画の評価数を一切見ないと決心した。

 

1.アンチにブチ切れてみた。

これは正直あんまりお勧めはしませんが、ある意味凄く自分が成長出来ます。

実際にアンチにブチ切れて闘ってみましたが、はっきり言って全く気分は晴れません。

それどころか新たなアンチが増えたり、今のアンチがさらにしつこくなったり、

付いてくれていたファンが離れたりとマジで良い事が一個もないです!

 

私もこれやった後に半端ない自己嫌悪、自暴自棄状態に陥りましたが、

その分むちゃくちゃ開き直れたのと、アンチに対して絶対関わったらいけない事が体全体に染み込みました。

これは人気が出てしまってからやると取り返しがつかない事で

逆にあんまり人気になってない時だったら身をもって経験出来るのでそういう意味ではアリかも知れません。

しかし人気になってからやってしまうと本当に大変なことになるので絶対辞めた方がいいです。

マックス村井さんも過去に1回だけアンチにコメント返しただけで炎上して未だに十字架を背負ってると言っています。

 

2.一回本気で落ち込んでしばらく時間を置いた。

これは私が結構使う方法なのですが、

めちゃくちゃ自分を追い込んで極限まで落ち込むんですよ。

とにかく自分が落ち込む元凶について考えまくる!そしてしばらく落ち込み続ける。

そうするとある日突然、考え方が全く別の方へ切り替わって、開き直るんですよ。

今までの落ち込みが嘘のように一気に別人のようになります。

なぜこんな事で今まで悩んでたんだろう。と考える程になります。

いわゆる吹っ切れるってやつですね!確実に成長になると思います!

 

能登
人間は良くも悪くも慣れる生き物なので嫌な事にも慣れてしまうわけですね!
ある意味それが成長という物なのかも知れません。

 

3.アンチについて調べてみた。

アンチ行為をする人について調べてみたんですよ。

そうすると次の2つの事実が判明しました。

  1. アンチの性質は普通の人とは違う研究結果が。
  2. アンチ行為を行う人は全人口の約0.47%しかいない。

アンチ行為を行う人についてカナダのマニトバ大学の研究でこれらの研究結果が出ています。

アンチ行為を積極的に行う人は0.47%の人です。つまりほぼ存在しないレベルの異常な人達なわけですね。

そしてその異常性についてですが、

  • マキャベリズム・・・他人を操ったりダマそうとする性向
  • ナルシシズム・・・自己中心的で自分が大好き
  • サイコパス・・・他人への共感や後悔の感情がない
  • サディズム・・・他人を苦しめるのが楽しくてしょうがない

この4つの異常性を全て持っていたとの事です。

これら4つはいずれも人間のダークな側面を代表しており

全ての要素を兼ね備えた人のことを、心理学では「ダークテトラッド」と呼びます。

研究によるとアンチを行う人のダークテトラッドのレベルは、一般的な人の6倍以上!

つまり普通の人とはレベルが違うヤバい人達、まあ数字で言うなら普通より6倍以上も異常な人達て事ですね、、

 

でも安心して下さい。この様な人達は人口の0.47%だけらしいです。

つまり数学的には存在しないのと同義の人達が頑張って叩いてるだけとの事です。(メンタリストDaiGo氏談)

それを気にする価値が無いです。

因みにこういった人達への最善の対処法は無視する事との研究結果です。

 

4.他YouTuberの低評価について語っている動画を何本も見た

YouTubeの検索で「低評価」「アンチ」と検索すると

多くの動画が出てきます。これらの動画では力になる言葉を多く聞く事ができて段々と心が晴れてきました。

個人的に良かったと思った動画をいくつか貼っておきますね。

色々ありますがとりあえず良かったと思った物です。

 

勇気を貰った言葉集

  • 「批判とか陰口を言われてる方が主役。批判してる奴は脇役。土俵が違いすぎて相手にならない。」DJ社長さん
  • 「雑魚(アンチする人)は踏み台にする。自分より小物の相手の意見を聞く義理は無い。」DaiGoさん
  • 「残念な事を言ってきた人がいたらどこが残念なのか考えると良い。」DaiGoさん

 

5.無茶なスケジュールでの活動を辞めた

これ結構やってる人も多いのでは無いでしょうか。

「とにかく鬼の作業で可能な限り作業をしよう!」と思い休憩時間や睡眠時間を削る。

私もこの様にとにかくビジネスに時間を使いまくろうと実際に鬼の様に作業していました。

ところがこれをしてしまうと、肉体的にも精神的にも疲弊してしまってどんどん追い込まれていくんですよ。

そしてそれに対して見返りがすぐに現れないので、余裕が無くなって荒れてしまう。

とにかく負のサイクルに落ち込み易くなります。

なので私は鬼の作業を辞めました。今を楽しむ事も忘れずに少しずつでも前に進んでいく事を決めました。

焦っても良い事よりも悪い事の方が多いです。別に鬼の様に作業しなくても成功は出来ます。

そして鬼の様に作業しても成功出来ない時は出来ないです。

 

6.アンチコメントは即ブロック

YouTubeのシステムは非常によく出来ていて、コメントのブロックが出来るんですが、

ブロックをすると他のユーザーからもその人のコメントが表示されなくなるんですよ。

なので完全にアンチを消してしまえるわけです。

アンチのコメントは基本は見て良い事がありませんので即ブロックでオッケーです。

 

7.動画の評価数は非表示にした

低評価の数ってめちゃくちゃ気になりますよね。

高評価の数の方が多くてもやっぱり低評価が多いと落ち込んでしまいます。

低評価の数よりも高評価が10倍以上あれば気にしなくなると思いますが中々難しいです。

そこで私は評価数を非表示にしました。

とりあえずはチャンネル登録者が1万人を超えるまでは非表示にする予定です。

その頃には高評価数も増えてると思うので。まあそもそも評価数も見る必要があまり無いんですがね。

 

8.動画の評価数は一切見ないと決心した

これやると一気に楽になりました。

それまでも「見ると悪影響だから見ない様にしよう。」と漠然と考えていたのですが、やっぱり気になってました。

でも今回自分の中で評価数を一切見ない!と固く決心しました。

これをすると自分の中ではそもそも評価数というシステムが存在しない事になり一気に楽になりました!

 

能登
はい!これが私がアンチ行為、低評価を気にならなくなった方法です!

 

スポンサーリンク

アンチコメント、低評価が気にならなくなるおすすめ方法

とにかく大前提は無視!一切相手にしない!そして考えない!

アンチは科学的には超マイノリティな人達が頑張ってやってるそもそも気にする必要が全くない物なのです。

それを踏まえた上でおすすめの方法はこちら。

 

アンチが気にならなくなる方法

  • 完全無視。スルー。
  • 無茶な作業はしない。
  • アンチ行為の痕跡を消すまたは残さない。
    • 評価数を隠す+見ない
    • コメントは即ブロック
  • ファンを増やす方へ目を向ける。
  • アンチに対して気にする必要は無い事を理解する。
  • 自分がやっている事を自分で分析する。
  • 目標を別に設定する。
  • アンチは経験値稼ぎになる雑魚敵。
能登
これで僕は楽になりました!

 

基本的にアンチは異常な人達です。私達の一般的な考えは全く通用しないと考えましょう。

つまり、アンチが批判してきてもそれは一般的な批判にはならないと言う事です。

私はこう考えて楽になりました。

街中や電車で異常者がいて絡んできてもその瞬間は「最悪!」と思うけど後々悩んだりしませんよね。

ましてや何かされても完全にスルーしますよね。アンチもそれと一緒なのだと考える様にしました。

 

アンチの痕跡は完全に消した方がいい。

アンチはアンチが集まるところに集まる性質があるらしいです。

ポジティブ満載な所には集まりにくいらしいです。

なので出来る限り、アンチについて話さない。コメントは消す。低評価が多すぎる場合は隠す。

これらの処置をした方がいいと思います。

 

ファンを増やす方向へ目を向ける

何より大事な事は今ついているファンを大事にする。

そして新たなファンを増やす事を頑張る事です。

ビジネスで成功するには批判に対しての改善を行うよりも今ファンになってくれてる要因を分析してそれを伸ばす方が確実に効果が高いです。

とりあえず批判は無視で構いません。

メンタリストDaiGoさんは批判は統計を取って数字を参考にするか、

自分よりもそのビジネスで成功してる人の批判は参考にするべきで、その他の批判の内容は無視でいいと言っています。

私もこの意見には完全に同意です。

 

自分がやっている事を自分で分析する

今自分がやっている事が正しい事なのかを自分で分析するんです。

その時にかなり厳しく見て自分に批判をしてみて下さい。

そうして徐々に修繕を繰り返していく。

これにより、批判されても動じ難くなります。なぜなら自分を既に批判しているからです。

これは大愚和尚さんの動画で語られています。

 

目標を別に設定する

目標を評価やコメント以外に設定する事でアンチを気にする必要がなくなります。

私の場合は再生回数と再生時間、そしてまだ出来てませんが、収益を目標にしています。

逆に言えば再生回数と時間と収益が目標なのでアンチも私の目標に貢献してくれてる事になります。

頑張ってアンチ行為をしているけど実は私の助けになってるわけですね。

非常に間抜けですよね。そうアンチは実はかなり間抜けなのです。

 

アンチは経験値稼ぎになる雑魚敵

人生をゲームと考える事で人生を楽しく生きる方法が書かれた本があります。

この様に人生をRPGの様に捉え、アンチはドラクエで言うスライム等の雑魚敵で経験値を稼いでレベルを上げさせてくれる雑魚達と捉えてみてはいかがでしょうか。

この人生をゲームと捉える考え方はメンタリストDaiGoさんも推奨されています。

 

スポンサーリンク

YouTubeでアンチ行為をしている人はヤバいかも

実はYouTubeでアンチ行為(コメント、低評価)をしている側にペナルティが課せられる話があります。

YouTubeはGoogleと繋がってる為、今後Googleのアカウントの評価が悪いとかなりビジネスがし難くなりますよね。

つまり同業者がやってる場合はその人の動画がおすすめに出難くなったりといった事があるとの事です。

そこまでの危険を犯して自分の時間を削って頑張ってアンチ行為をしてる人ってかなり哀れですよね、、

 

低評価が増えても動画の運営に影響はない

動画に低評価が増えると広告収益が減少したり、おすすめ動画に出難くなったりするという噂があります。

しかしこれはあまり関係が無い事が判明しました。

というのもあるYouTuberさんが実際に検証した結果、低評価が多くても少なくても収益額は変わらなかったと発表しています。

それにおすすめ動画に低評価が大量についている動画も普通に出てきます。

つまり低評価が増えた所で動画の運営上に関係が無いという事になります。

安心してスルーしても大丈夫になります。

 

スポンサーリンク

終わりに

とはいえアンチ行為をされたらやはり精神的に来ると思います。

私達人間には感情があるので悪意を持って攻撃されると反応してしまいます。

でもそれが普通なのです。ゆっくりと時間をかけて少しずつ頑丈になっていけばいいんです。

私もアンチと向き合って少しずつ耐性がついてきました。

やはり時間はすごく味方になってくれます。ある時ふと気が付いたんです。

うん。完全に無視でいいなと。アンチを行う人や、された事実はそもそもこの世に存在しないと考えようと。

そうすれば何をされてもそもそも存在しない事なのだから何も感じる必要がないのだと。

アンチという存在を自分の中から完全にシャットアウトするんです。

そうして自分が本当に目を向けるべき部分(応援してくれる人や目標)に目を向けて進んでいけば良いんです。

今アンチ行為を受けて辛い人はどうにかして耐えて下さい。

一旦活動を休止しても構いません。でも辞めたら負けです。

睡眠、時間、運動。これが私が精神的にやられた時に特効薬になる物です。

いっぱい寝て、一旦時間を置いて、運動する。徐々に自分が強くなってる事を実感できます。

私達とは次元の違う雑魚に負けて自分の人生をねじ曲げてしまうのは勿体無いです。

是非とも踏ん張って乗り切りましょ!本当に徐々に耐性ついてきますので!少しずつ階段登っていきましょ!

涙の数だけ強くなって、経験の数だけ成長する。

それが幸せな人生の歩き方だと思います!一緒に頑張っていきましょう!

以上!能登でした!

 

能登
これからも勉強して人生上げていきましょう!

↓この記事が良いと思ったら押して応援してね♪

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!