【株式投資】なぜ人々は同じ過ちを繰り返すのか【持っときゃいいだけなのに、、】

株式投資のセオリーは世界分散インデックス投資の長期投資です。

それもドルコスト平均法がかなり有力です。

しかし、いつの時代も人々は同じ過ちを繰り返します。

なぜなのだろうか。。と最近めっちゃ思います。

Sponsored Link

ガチホでいいんですよ

YouTubeやブログ等で投資の情報は沢山あります。

特にYouTubeのコメント欄やTwitterは大衆の生の声が見れるので面白いです。

見てると相場予想に対する色んな意見があります。

良く見るのが、予想に対しての信者的な賛同。

また、ガチホばっか言ってる発信者と比較しての賛同。

非常に面白いですね。

投資に失敗する人はなぜセオリーを嫌うのか

インデックスのガチホは本当に確信をついてると思います。

なぜなら相場の予想なんてサイコロと同じ様なものだからです。

だから投資の世界の偉い人達は「ガチホ」を推奨してるわけですね。

Sponsored Link

なぜ予想が当たると思うのか

そもそも大前提として相場参加者は「利益」を出すために行動しています。

この時点で短期的な利益を出す為に相場を読んで必ず勝てる筈がないことは明白です。

例えばジャンケンでチョキを出せば必ず勝てるという必勝法があったとします。

すると参加者はもれなくチョキを出す筈です。

そうなるとそれは必勝法では無くなります。

短期的な相場の世界はそんな感じだと思います。

予想は可能なのか

じゃあ相場の予想は無理なのか。というと私は必勝法はないけど確率を上げる事は可能。だと考えています。

特にバフェットさんの投資法はかなり理にかなっていると思います。

バフェットさんの投資法についてしっかりと解説してくれてるネットの情報って実は私は見た事ないです。

知りたい方はこちらの書籍がお勧めです。

表紙は大衆向けに見えますが、内容は濃いです。

しかし、濃い内容を大衆向けに書こうとしてしまっていて逆に難しくなってる印象はありますw

ただここにはバフェットさんの投資法の詳細が書かれており非常に勉強になると思います。

恐らくここまで詳細を知れる情報はネット上にはないかと。。(黒野の感想です)

簡単に言うと未来の事象を知っている、又は高い確度で予想出来る。

そしてその未来の状態から現在の価値を弾き出して現在付いてる価格との差を見て投資する。

そしてその未来まで待つ。この方法なら儲かります。

しかし、上記の書籍に書かれていました、

「経営の事は経営を経験した人が一番よく理解している。経営を経験してない投資家が多い。」

まさに百聞は一見に如かず。ですね。

未来の予想は中々困難なのではないでしょうか。

そして予想が出来たとしても結局その方法が広まれば通用しなくなる。

時代と共に平均以上に勝てる様な投資法は移り変わっていきます。

こういう事なんですね。結局。

皆んなが利益を出したい中で他より多くの利益を求めてリスクを冒す行動は果たして理にかなっているのでしょうか。

一個判明している事は株は普通に持っていれば勝手に利益を産んでくれるものなんですね。

本来、株は皆んなが儲かるはずのものなんです。

つまり、結局ガチホが正義という境地に行き着くんですね。

以上!黒野でした!

 

↓↓Clickで応援お願いします!↓↓

ブログランキング・にほんブログ村へ

LINE追加者限定の情報も発信しています↓
(節約の裏技、投資知識等の大っぴらには発信出来ないLINE限定内容です)

友だち追加

 

 

お勧め書籍はこちらから!

Sponsored Link