生活防衛資金を貯めよう!

投資を始める前に重要になってくるのが生活防衛資金を貯める事です。

今日はそんな生活防衛資金を貯める事の重要性を紹介していきます。

 

スポンサーリンク

生活防衛資金とは

もしも収入が無くなった場合でも生活していける貯金の事を指します。

この貯金は流動性の高い物でなければなりません。銀行の普通預金が主流です。

 

スポンサーリンク

なぜ必要なのか

能登
メリットがあるからです。
生活防衛資金を貯めるメリットはこちらです。

 

  1. 無駄な保険に入らなくて良くなる。
  2. 投資を行う際に損しづらくなる
  3. 仕事が無くなっても次の仕事を見つけるまでしのげる
  4. 精神が安定する

この様なメリットがあります。

一つ一つ紹介していきますね。

 

1.無駄な保険に入らなくて良くなる。

保険に入る本当の理由は病気やケガで生活が破綻しない様にですよね

つまり病気やケガをして働けなくなっても

生活出来るのであれば保険に入る必要は無いという事になります。

 

これだけで年間10万程のメリット

保険料はプランによりますが月々1万円程の保険に入ってる人がいると思います。

それが無くなるだけで年間で約12万円浮く計算になります。

つまり生活防衛資金を貯めてる人は貯めてない人に比べると

毎年そのくらい得してる計算になりますね。

 

2.投資を行う際に損しづらくなる。

長期投資には暴落が付き物です。

つまり損益でマイナスになる時期が来ます。

そんな時に焦って狼狽売りすると損でしかありません。

さらにそんな時に生活費が足りなくなった場合も

有価証券を切り崩して補わなければならない場合もあるかもしれません。

そういった場合に生活防衛資金があると、問題なく運用を継続出来る訳であります。

つまり、投資を行う際には必須になります。

 

スポンサーリンク

3.仕事が無くなっても次の仕事が見つかるまでしのげる。

これからの時代リストラや倒産も十分あり得ます。

すでに終身雇用の時代は終わってます。

そういった時に生活が破綻しない為に必要になります。

さらに次の職を焦って決めてブラック企業に入らない様に

慎重に職探しが出来るメリットもあります。

 

3.仕事が無くなっても次の仕事が見つかるまでしのげる。

もし何かあったら生活が破綻するというのは精神的にかなり悪いです。

一つの会社にしがみついてしまったり、

リスクを恐れて投資が出来なくなったり、

安心して眠る事さえ困難になってしまったり、

そんなデメリットがあります。

 

スポンサーリンク

4.精神が安定する。

6ヵ月~2年程度の生活費と言われています。

能登(幼少期)
幅が広い(汗)

これは生活スタイルによりますが、普通の会社員の場合だと

6ヵ月~1年程度で十分だと思います。

 

必要な生活費は家計簿をつけて知ろう!

自分に必要な生活費は家計簿を出来れば1年。

最低でも半年つけてみれば把握する事が出来ます。

家計簿をつける時にお勧めなのがマネーフォワード等の家計簿アプリです。

 

関連記事

能登こんにちは!能登(@notosi44)です!今日は僕も使っているお勧めの無料家計簿アプリを紹介します! 前回の記事で家計簿を付ける大切さを解説しました。 […]

 

スポンサーリンク

終わりに

能登
いかがだったでしょうか。

 

生活防衛資金は正直必須だと思います。

投資するに当たっては貯めてないとやっちゃダメだと思います。

確実に得するので生活防衛資金は必ず貯める様に頑張って行きましょう!

以上!参考になれば幸いです。

 

これからも勉強して人生上げていきましょう!🍀✨

↓この記事が良いと思ったら押して応援してね♪

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!