分配金が無い投資信託でも複利効果はあるのか【A.あります】

こんにちは!能登です!

最近、投資信託で運用を始める方が増えてきて

特に人気なのが、

  • 楽天・全米株式インデックスファンド(楽天VTI)
  • eMAXIS Slimシリーズ

この様な分配金を出さないファンドですよね。

そこで疑問になるのが、

「分配金を出さないファンドでも福利効果ってあるの?」

私も疑問に思い調べてた結果、複利効果はありました。

それどころか分配金を出すファンドよりも複利効果は高いほどです。

詳しく解説してきますね。

この記事で得られる情報
  • 株式投資における複利効果について
  • 分配金が無い投資信託でも複利効果がある理由
  • 分配金が無いお勧めの銘柄

 

[temp id=1]
スポンサーリンク

複利効果とは

 複利(ふくり、compound interest)とは、複利法によって計算された利子のこと。複利法とは、元金(がんきん)によって生じた利子を次期の元金に組み入れる方式であり、元金だけでなく利子にも次期の利子がつく。したがって、各期の利子が次第に増加していく。投資借金などでは、雪だるま式に利子が増えていくことになる。重利(じゅうり)とも。

wikipedia:引用

つまり100万円を1年間で2倍になる投資先で運用して

1年後に200万円になりましたと、

それをもう1年運用すると、翌年には400万円になりました。その次には800万円と、、

この様に雪だるま式に増え方が爆発的に上がるのが複利効果です。

 

分配金がないのに複利効果がある?!

上記の説明によると、増えた分のお金を再投資する事で複利効果が発生します。

てことは、分配金が無いと再投資が出来ないから複利効果がないのでは?

しかし、投資信託の場合そうでは無かったのです!

能登さん。
能登さん。

複利効果がある事を証明するには

まず投資信託の仕組みから理解する必要があるので

詳しく解説していきます!

 

投資信託のしくみ

投資信託の仕組みは株とは大きく異なります。

簡単に解説すると、皆から集めたお金で株を買って運用していくという事です。

つまり、自分で再投資しなくてもファンド内で自動的に再投資してくているという事です。

なので分配金が無い投資信託でも複利効果があります。

 

ファンドの利益は基準価額に反映される

投資信託の基準価額はファンド内の運用での利益によって決まります。

つまり、ファンドの得た利益が基準価額になる。

 

基準価額が増えるという事は

基準価額は投資信託を売る際に売値になるお金ですので、

つまり、投資信託を保有している私達の資産額が増えるという事です!

確かに口数は増えませんが、投資信託が保有している株数は増えてるという感じですね!

 

分配金が無い投資信託の方が複利効果が高い?!

で、もう一つ重要な部分があります。

それは分配金が無い投資信託の方が複利効果が高いという事です。

 

理由

分配金には税金が掛かります。

つまり分配金がある投資信託の場合、受け取る時に20.315%の税金が引かれます。

それを再投資しても20.315%分損になってしまいます。

それに対して分配金が出ない投資信託の場合ですと、

ファンド内で再投資されているので税金が発生しません。

この事から分配金が無い投資信託の方が複利効果が上がり投資効率がアップします。

 

分配金が出ない投資信託のおすすめ銘柄

分配金が出ないお勧めの銘柄を紹介します。

ここで注意なんですが、投資信託は最低年1回分配金を出す事になっています。

厳密に言えば決算を年1回行うという事です。分かり難いと思うのでここは覚えなくていいです。

しかしファンドの方針によっては出さない年もあるという投資信託があります。

銘柄はこちら↓

お勧め銘柄

  • 楽天VTI
  • eMAXIS Slim先進国株式インデックス
  • eMAXIS Slim米国株式(S&P500)
  • eMAXIS Slim全世界株式(除く日本)

この辺りがお勧めです。

 

YouTubeでも解説しました!

 

まとめ

f:id:notosi44:20190907143950j:plain

分配金が無い投資信託でも複利効果がある!

という事が伝われば幸いです。

むしろ分配金が無い投資信託の方が複利効果が高くなりますので

長期投資していくのであれば分配金が無い投資信託の方がいい!と考えます。

実際に私も分配金が無い投資信託に投資を行っています。

以上!参考になれば幸いです。

これからも勉強して人生上げていきましょう!🍀✨

 

 

[author_box label=この記事を書いた人]

↓この記事が良いと思ったら押して応援してね♪

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!