株式投資は富裕層だけのものじゃない!【NISA恒久化見送りについて】

能登

こんにちは!能登です!
NISAの恒久化が見送りになりましたね。

 

その理由が「富裕層への優遇だという指摘があった」との事です。

?????理解不能ですよね。

そこで今回は株式投資は富裕層だけのものじゃなくて

誰もがやるべき事なのだというテーマでお話ししていきます。

 

 

スポンサーリンク

NISA恒久化見送り

産経新聞によれば、政府与党は2019年10月16日
期限付きで導入された少額投資非課税制度(NISA)について、恒久化を見送る方針を固めた。
恒久化は金融庁や証券業界が求めていたが現行制度は富裕層への優遇だとの指摘もあり認めるのは難しいと判断した。

 

「NISAは富裕層優遇だからやめろ!」

という指摘があって見送りになったらしいです。

しかし、これは明らかに間違った意見になります。

 

そもそもNISAは富裕層の為のものじゃない

NISAは少額投資非課税制度です。

少額投資非課税優遇制度です。

いいですか、少額投資非課ぜいゆうぐ、、もういいですよね笑

 

富裕層とは

富裕層の定義は資産1億円以上5億円未満です。

それ以下の人たちは準富裕層以下になるわけであります。

資産3,000万円以上5,000万円未満がアッパーマス層

資産3,000万円未満がマス層となっています。

ほとんどの方がこのアッパーマス層かマス層だと思います。

 

能登(幼少期)
僕はマス層だよ!

 

NISAの投資可能額

NISAでの投資可能額が年間120万円までとなっています。

富裕層優遇だとすれば明らかに投資可能金額が少なすぎます。

資産1億円以上持っている方にとって

年間120万円の投資に対する節税効果は微々たる割合になります。

 

それに対してアッパーマス層以下の人達にとっては

年間120万円の投資金額はかなり大きな割合になります。

 

つまりNISAとは富裕層の為のものじゃなくて、

我々アッパーマス層以下の人達の為のものなのです!

それを富裕層優遇という謎理論で

恒久化を見送る政府は闇が深いですな。

 

 

マス層でも株式投資を始めよう!

マス層でも株式投資はやるべきと考えています!

理由は投資金額が少なくても時間をかければ豊かになるからです!

詳しくはこちらの記事が参考になるかと思います。

 

関連記事

最近株式投資に注目が集まっており、金融庁からも資産運用として投資をした方がいいといった旨の発表もありました。ただ、やっぱり株式投資なんて危険じゃ無いの?なんで株式投資なんてやらなくちゃいけないの?といった疑問[…]

 

少額から投資を始めよう

私のお勧めの投資方法は「投資信託」で毎日100円から投資を始めるです!

現在は100円から投資が手軽に始められるいい時代になっています。

ネット証券を利用すれば自動で毎日投資してくれます!

もちろん手数料等も掛からずに投資できます。

お勧めのネット証券は「楽天証券」です!

詳しくはこちらの記事が参考になるかと思います。

 

関連記事

能登こんにちは!能登(@notosi44)です!投資信託で投資を始める際に必要な知識をまとめてみました。 投資信託で投資するに当たってとりあえず必要な知識を一気にまとめてみました[…]

 

能登

今はマス層でも株式投資が出来る時代で
株式投資の旨みを享受出来る時代です!
そして株式投資を行う事で上の層にも上がれる時代なんだ!

 

この件についてどう対応すればいいのか

今回のNISA恒久化見送りに対しては

「つみたてNISA」を活用するといいと思います。

つみたてNISAなら期間が延長され20年間投資が可能になるとの事ですので

現状はつみたてNISAの方がいいと思います。

NISAだとこのままではロールオーバーが出来ませんので、、

 

今後、NISAも期間が延長又は恒久化されたら

活用を検討すれば良いかと思います!

 

NISAかつみたてNISAについてはこちらの動画が参考になります。

 

現在はこの記事書けてないので動画しかなくて申し訳ないです。

今後記事が書けたらまた紹介しますね!

 

まとめ

いかがだったでしょうか、

NISA恒久化見送りは確かに残念です。

でも悲観していても始まりません。

そして現在はマス層でも株式投資のメリットを享受出来る時代になってます。

我々マス層もコツコツ積み立て投資を行い

つみたてNISA制度を活用してお得に資産拡大を図っていきましょう!

以上!参考になれば幸いです!

 

これからも皆で勉強して人生上げていきましょう!🍀✨

↓この記事が良いと思ったら押して応援してね♪

にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
にほんブログ村

最新情報をチェックしよう!